オタク

 

ギターのヤマシタです。なんとかみんなサボらずがんばっています。ぼくがギリギリですが、、

前のブログであっきーがオシャレな事書いてて悔しいです。笑 僕もカレーとかすきなんですよね。

でも被ってもよくないのですきな音楽とか機材の事書いてこーかと思います。

f:id:dodogawa:20170218084645j:image

これ。見た目めちゃかわいくないすか?笑 ボンダイエフェクトのsick as。

ぼくのメインの歪みなんですー。エフェクターは結構見た目と音が直結していると思っています。ボード組んだときに見た目がダサいとやっぱりダサい音になってしまうんですよねー、、なので色合わせとかも大事なんじゃないかと思っています。笑

肝心な音のレビューですが、弾き手のニュアンスを最大限に表現してくれます。とても自然に歪みます。これって難しいんですよね、コンプ感が強かったりジャリっとし過ぎてしまったり。かといってゲイン量が少ない訳でもないです。もう、例えるなら最高に美味い塩ラーメンですかね。笑

このオーバードライブは個人的にすきなindigo la end長田カーティス氏も使ってますね。良い音ー!

めちゃくちゃ高い値段でもないのでオーバードライブにお悩みの方がいれば是非ー!

 

オタクやな、、泣

タマゴサンド

こんにちは、百々川のサブカル&グルメ担当のVo/Gt 明彦です。
自由に好きなことを書くので、僕のブログ更新の8割くらいは、サブカル&グルメ情報になります。残りの2割はバンドことを。

 

さっそく今回はオススメスポットの紹介、笑
円頓寺商店街から、西アサヒです。

有名老舗喫茶店なので知っている方も多いと思います。80年以上にもわたって愛さている喫茶店ですが、数年前に改装して2階はゲストハウスになっているお店。

円頓寺商店街は新しいお店が次々と増えていて、勝手に要チェックしている商店街。

商店街は人と生活の雰囲気が漂っていて好きです。生まれ変わったら商店街の喫茶店の息子になr....

さて、この西アサヒと言えば名物"タマゴサンド"。僕はタマゴサンドといえば、みじん切りゆで卵とマヨネーズのペーストをサンドして、、といった想像しますが、西アサヒのタマゴサンドは卵焼きがサンドされています。
これが、コーヒーとの相性抜群で無限に食べれます。母の優しさをパンでサンドしたらこの味になります。

 

百々川メンバーとも行ったことがあり、半日近く居座ったという落ち着き空間。
森道市場にも出店していて、インストアライブもたまにやっていたり。
音楽ファンも要チェックです。
下町のおしゃれな喫茶店。西アサヒ。
ちなみにカレーも美味しい。

 

西アサヒ

http://www.nishiasahi.nagoya/

 

行きたくない街No.1と言われている名古屋。僕は長野、東京と住んでいますが、名古屋すごく好きですよ。

最初は苦手だったけど、笑
また勝手にオススメ情報&スポットを紹介していきます◎

 

ではまた


◎ライブ情報◎
3/12(日) 鶴舞K.D ハポン
百々川 presents 「瞬き vol.1」
folt
'wl of the art
ヨルベリウム
百々川
開場18:00/開演18:30
予約当日ともに¥2,000 D別

百々川初の自主企画です!

 

百々川とはなんですか?

ブログ上では初めましてのshinoです。

 

今週は私の番ということで、何を書くか1週間悩んだ結果、私たちの由来である「百々川」について書くことにします。

 

まず、この字をみて大半の方は「ももがわ」と読むでしょう。残念ながら「どどがわ」なのです。

また、百々川とは私たちがつくった造語ではなく、実在している川なのです。

f:id:dodogawa:20170131232423j:plain

ではなぜこの川をバンド名にしてしまったのか。

百々川はそこらへんにある川と大差なく、水も綺麗とは言い難い。

他の川と違う点としては、100円で1日中マレットゴルフがやり放題ということでしょうか。

 

一般の人にとってはその程度の川であり、人々が百々川を意識するのなんて7月の花火大会くらいなものです。

 

 

それでも私と宮島さんにとっては幼少期から現在までの、実に多くの思いがつまっているかけがえのない川なのです。

 

即決で決まりでしたね。

 

 

今後もバンド名を変えず活動していきたいものです。

 

もし長野県に旅行を予定されている方は一度「百々川」を訪れてみて下さいませ。

なにもないですが落ち着きますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新入りがなんか言ってるんだけど

 

前任の大坪氏に代わって今年から百々川でベース弾くことになりました、新メンバーの加藤匠造(しょうぞう)です。

 

加入する前まで百々川のことモモカワって読んでました。なんか可愛い名前のバンドだなぁと思ってました。でも正しくはドドガワなんですね。全然可愛くないですね。


ところでこのバンドに加入後初めてブログとか書くわけなんですけど正直何書けばいいのかわかりません。

 

まず無難に僕がこのバンドに加入するまでの経緯とか理由とか書いておこうかと思ったんですけど正直無駄に長いしその割に別に大した内容でもないのでやめときます。

 

あと僕も自分の好きな音楽とかベースについてとか、百々川の音楽を僕なりに考えてみるとかまるでバンドマンみたいなこと真面目に語ってみたりしたいなぁとも思いましたが微妙に面倒くさいのでひとまず今回は書きません。

 

となると自己紹介も兼ねて僕自身のことを書けばいいのかなと思ったんですけどそんなもの誰が興味あるのかわからないのでこれも今回は遠慮しておくことにしました。


………。
まぁいいですよね最初だしこんな感じで。

 


あとちなみに百々川の次のライブは今週1/28(土)新栄DAYTRIVEです。よかったら観に来てねー。

 

MVも公開されてます↓
https://m.youtube.com/watch?v=W8NWwmTueRE

 

Ba.加藤 匠造

 

メンバーみんなでかくよ。

どうも!ギターのヤマシタです。

ブログをメンバーみんなで毎週書いていきます。まずは僕から書いていきますーー!

もし書いてなかったら、ライブハウスとかで今週は書いてないですね。と一言かけていただくと書いてなかったメンバーからドリンク奢ってもらえます。

さて、何を書こうか。そうそう!!百々川のMVが公開されまして!!

https://m.youtube.com/watch?v=W8NWwmTueRE

良い感じですよねー! イントロのギターの音やばい。自分で言うなって話ですね。笑

以前もブログに書いたのですが百々川としての名刺がやっと出来ました。2017年は攻めの年。

どんどん活動して行くのでよろしくお願いしますーー!!短いけど今回はこのへんで!

 

Gt  ヤマシタ マサト

新年迎えました。

あけましておめでとうございます。

1月8日に新体制でのライブ初めを新栄デイトライブと新栄ロックンロールでやらせて頂きました。

どちらのライブハウスも鍋が食べれてすげー旨かったです。ギターの山下は思わず顎が出てしまっています。

f:id:dodogawa:20170109174127j:image

デイトライブは午前中しかいれなかったのですが、どちらも対バンがとてもよかったです。

年初めからめちゃ刺激になりました。。!負けてらんねーー笑

お客さんも本当にあったかくてCD手に取ってくださる方もいて本当に嬉しいです。。泣

もっとグッとくる曲を作って良いライブをやっていきます。

f:id:dodogawa:20170109173905j:image

 今年も百々川をよろしくお願いします!!

初めまして。そしてありがとうございます。

こんにちは。百々川ベースの大坪です。

初めましての方もいらっしゃるかと思いますが、私大坪は、12月をもって百々川を脱退することとなりました。

約1年半、百々川のメンバーとしてベースを担当させていただきましたが、活動を続けていくうちに、胸の中に小さな葛藤が生まれ、次第に大きくなりメンバーとの間でズレが発生していき、このままでは僕という本当に小さな魂ですが、最高の形で皆様にお見せすることができないと考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

という理由だったらかっこいいなと思い書きましたが、本当は子育てと仕事でいっぱいいっぱいなだけです。

26歳の時、今の百々川メンバーと同じくらいの時にやっていたバンドが解散した時に、もう楽器は辞めていました。
ボーカル宮島と、ドラムのファンタスティックSHINOに誘われ、また始めてやっぱり音楽は楽しいバンドは楽しいと感じた日々でした。
途中でキサラギ⭐️山下⭐️ホシノコという、ギターが加入しギター馬鹿を知りました。
最初は敬語だったのに今では、百々川を牛耳る実力者と成りました。

音楽とは不思議です。楽器というものを弾けるだけで、沢山の方々と知り合い友達になり、沢山の思い出が出来ました。
バンドとは麻薬です。 お金がかかりメンバーと衝突し何度でも辞めたいと思っても、やっぱりやりたくなってしまうものです。
きっとまた僕もバンドやるでしょう。

それまでは、一百々川ファンとして、そしてOBとしてこれからの百々川の活動に茶々を入れていく所存であります。

アイドルバンドからロックバンドになった彼らを、どうぞよろしくお願い致します。

次回メンバーのお許しがあれば、「初めまして。そしてありとうございます パート2」を執筆したいと小生は思う所存です。

 

 

ありがとうございました。
百々川ベース 大坪大輔